寝具の概要

寝具とは、寝るときに使うアイテムの総称を指し、夜具や寝装具とも呼ぶ。
寝るときの寒さや暑さといった気温を調節する目的や、快眠の環境を整えるために使われる。また寝ている間に害虫を除けたり汗を吸うためにも使われる。
就寝の形式により使う用具も変わり、ベッドや布団、蚊帳などの種類がある。身に着けるパジャマや寝巻きといった衣服も寝具に含まれ、また布団の場合には、下に敷いて用いるものを敷具、上に掛けて使うものを掛具と呼ぶ。

寝具にはさまざまな用具があるが、まず寝るための場所となるものは屋外の場合では寝袋やハンモック、建物の中ではベッドや布団が挙げられる。季節によっては蚊帳を使う場合もある。
敷布団、掛け布団をはじめ、敷布団の上に敷くシーツ、快眠のために首の安定をもたらす枕、寒いときに使用する毛布などがある。
また寝るときに着用する衣服には、パジャマ、寝巻き、ネグリジェと呼ばれるワンピースの形のものが一般的である。

健康のためには質の良い睡眠が大切だと言われる近年、快眠グッズとも呼ばれるさまざまな用具が開発されている。
特に枕は非常に、眠りやリラックス効果と関係しているともいわれ、安眠枕や抱き枕などが人気である。
ベッド選びでも高反発、低反発など自分の体に合ったタイプを選ぶ。
他にも寝返りのしやすいためのマットレス選びや、軽すぎず重すぎずが良いと言われる掛け布団選びなどが大切なのである。
また、インテリアとしての寝具を求める人も増えてきており、例えばシーツやベッドカバーをカラフルなデザインで揃え、季節によって付け替えることにより、新鮮で飽きのこない寝室でリラックスすることができる。

関連リンク

カレンダー
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031